ホミカの秘密日記♪ 新設!コメントや感想等待ってます!
日時: 2014/06/14 22:11
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:xhGQcHs6

クリック感謝です!!
皆さん初めまして。彪ちゃんと申します。
ブラックホワイト小説掲示板でも活動していて、別名シュペルです。
皆様、今後お世話になりますm(__)m

◆本作品を読むときの注意点◆

・ホミカが主人公
・文章力がよくない
・更新ペースが早いときと遅いときがある
・基本的にホミカ視点で進行
・いつのまに作者が消えてしまうこともしばしば

※この小説は別の掲示板でも掲載しています。
 ↑ココ重要!!

それでもいいという方はどうぞ。
下記をご参照願います。

★★★★★★★★★★★★★★★★

ホミカの秘密日記 第1章アタシのおっきな夢!編
1話>>4-5

プロローグ
>>1-3

とーしょーじんぶつ
>>6

★★★★★★★★★★★★★★★★

〜秘密の日記の『PS』〜

ちいさん
レオさん
ディアルガさん
まっちゃあめさん
トリートさん
二の丸さん(元ゲンダーZさん
ポケモン最高さん
死骸さん
とある鼠さん

コメをくださった方の一覧です!別の掲示板含んでます!

応援&コメThanks!!
そして読んでくれた読者様に最高の感謝を!!

◆作者の日記コーナー◆

6月14日£
『最近いそがしくてなかなか更新出来ない…
 せっかく皆読んでくれてるのにこれじゃあ駄目だな。
 ということで頑張って週1を目安に頑張っていくぞ!』


◆作者の2014年3つの目標◆

・この小説を書き続けること!
・文武両道で頑張る!
・やると決めたことはやり通す!
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
Re: ホミカの秘密日記♪ ( No.1 )
日時: 2014/06/14 22:23
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:xhGQcHs6

2004年7月28日 天候:晴れ 時間帯【朝10時】

7月28日。天候は快晴。最高温度は38℃。今日は昨日の雨が蒸し暑く残るとても暑い日だわ。

この時の私はまだ13歳。ごく普通の中学1年生。
勉強は苦手だけれど、ポケモンバトルだけは並とは一味違う所がある。
私は毒タイプがとっても大好きで、バトルの時はいつも毒タイプのポケモンを使用していた。

そして今日も、いつもと同じ、果て無く続くバトルの連日だわ。
私は毎日多くの挑戦者の理性をブッとばしている。
時々自信満々に挑戦し、呆気なく倒されると、赤子のように泣き叫んで退散する生徒も、少なくないわ。

私は友達にもよくバトルを申し込まれる。
その時は仲良く楽しんでやっているけど、それは表の顔。
実際は友達をガッカリさせない為にわざと力を抜いて戦っている卑怯な少女なの。

あっ、自己紹介が遅れたわね。
私の名前は『ホミカ』。ある人に憧れてギターを始めたの。
そして、ジムリーダーを夢見る毒タイプ使い。
もしジムリーダーになったら、ジムをライブハウスにして、
お客さんが喜ぶパフォーマンスを披露する。
そして、世界を旅して至る所でライブを開こうと思うの。
そんな事が中々都合よくいくわけがないと思っただろうけど、私は夢を諦め切れない。

だって、そこで諦めたらそんなの本気じゃないし夢じゃないもの。

それともう一つの夢。それは、『バンドを組む事』。まずそれが大きな夢への第一歩となるはずだから。
でも、私の学校には、ボーカル担当、ドラムを叩く人なんていない。
正直言ってこの学校にはガッカリしていた。

っと、こんな事を話している場合じゃなかった。
バトルの途中なの。
メンテ
Re: ホミカの秘密日記♪ ( No.2 )
日時: 2014/06/14 22:25
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:xhGQcHs6

「いけ、エンブオー!」

相手は巨体で二足歩行で、豚のような腹には渦巻きのような形のしたマークがある。
どうやらポカブの最終進化系のようね。
炎・格闘タイプの2つを誇っている。

「ここでお前は敗北する。いつまでも調子に乗るんじゃねえぞ!!」

相手は学校のガキ大将と呼ばれている問題児だ。
図体が大きく、凄い筋肉で、ばか力のいきり。
この学校を仕切っているらしいけど、彼の悪い陰口だけは何度も聞いた事がある。
そして、虐めっ子らしい。

「へえ〜エンブオーなんだ。力だけじゃバトルには勝てないわ!
 アンタの理性、ブッ飛ばしてあげる!」

ガキ大将は怒りをあらわにして拳を強く握っている。
私達の周りには、大勢の生徒と先生方がホミカコールでその成り行きを見守っていた。

そして、戦いが始まる。

「エンブオー、火炎放射だ!奴を焼き尽くせ!」

私が出したのはフシデ。
相性はとても悪い。炎技を喰らえば一撃でやられてしまうわ。

つまり、ダメージを受けたら最後という事になる。

「フシデ、守るよ!」

フシデの周りに丸い円状のバリアが張られ、炎を身から守った。
ガキ大将はチッと舌打ちをする。

「フシデ、嫌な音!」

フシデは触手から黒板を爪で引っかくような音を出して相手を怯ませる。
嫌な音には、相手の防御を2段階下げる効果を含んでいるの。
耐久面では全くの無防備で、攻撃を当てれば大きなダメージは与えられるかもしれない。

「怯むな、オーバーヒートだ!」

エンブオーは体を丸めて炎をためる。
そして手を大きく横へ広げて体内の熱を放散した。
周りは炎の壁で囲まれてしまう。
メンテ
Re: ホミカの秘密日記♪ ( No.3 )
日時: 2014/06/14 22:26
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:xhGQcHs6

「フシデ、転がるでかわすのよ!」

フシデは『キューッ!』鳴き声を上げると体を大きく丸めてエンブオーの元へ転がりだす。
オーバーヒートの炎をクイックドリブルのようにかわしていく。

「何だって!?そんなのアリかよ!」

「そのまま突っ込んで!」

ガキ大将は目を大きく見開いてフシデを見つめている。
しかし、その勢いは留まることを知らない。
フシデはエンブオーの腹へクリーンヒットに成功する。
エンブオーはよろめき、背中から勢いのある音を出して倒れてしまう。

「エンブオー、しっかりしろ!」

オーバーヒートには欠点がる。
特攻が2段階下がってしまうの。
エンブオーの戦力は何事も無く下がっていくわ。

「フシデ、毒々よ!」

フシデは口から異臭のする液体のかたまりを飛ばしてエンブオーの顔へ命中させる。
エンブオーは顔に当たると呻き声を上げて苦しみだす。

そして、エンブオーは毒状態に陥った。

「そっ、そんな!」

毒々は、時間がかかるほどダメージが増していく。
つまり、この時点で、ガキ大将は短時間で勝負を終了させないといけないの。

「まだだ、ギガインパクト!」

エンブオーは立ち上がって叫ぶと、
フシデに向かって猛突進を繰り出していく。
ガキ大将が慌てているのがよく分かるわ。
何故なら、フシデは守るを覚えているからよ。

「あんた、ヘマをおかしたわね!守るよ!」

フシデはギガインパクトを防ぎ、エンブオーは大きく飛んで行く。
こうしている間にも、毒の効果は上昇していくわ。

──次で終わらせるわよ。

「フシデ、ヘドロ爆弾よ!」


「うっ、うわああああああ!!」

そして…


「くそお、覚えてろよ!母ちゃんに言いつけてやる!」

敗者のガキ大将はみっともないくしゃくしゃの顔で鼻水を垂らして泣いている。
あれがガキ大将の本心の姿だったのかもしれないわね。
あるいは、マザコンとかそういうのかしら。
そして、ガキ大将は時々転倒しながら自転車で退散していった。

拍手が校内を包み込む。
別に正義気取りで戦った訳でも無かったのに。

私は、夢を追い続ける。
絶対に諦めない。
そして憧れる、



あの人を目指して。
メンテ
Re: ホミカの秘密日記♪ 新設!コメントや感想等待ってます! ( No.4 )
日時: 2015/04/04 21:57:39
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:mfTHTBdg

1998年4月3日 おてんき:びみょー 今日のよかったこと:『ちょこれーとけーき!』

第1章『わたしのおっきな夢!』START♪

第1話『あこがれのアノ人』


今日は私の7歳の誕生日。
あの頃の私は、いつも友達と泥んこ遊びをしては服を度々汚して帰宅していた。
母に私の小さい時の事を聞くと、毎回それをよく聞かされていたわ。
しかも、その都度厳しく叱っていたのに、全くの反省感なしの可愛い笑顔をしていたらしい。
それはまるでもう『天使』だったの。

そんな女性の品格が全く感じられない幼女時代の私でも現在は13歳。
しかも、この辺のオタクっぽいお兄さん達は、私を見ては毎度「ロリロリー!」と叫んでいたらしい。
今度会ったら理性でもぶっとばしてやろうかしら。

私は、父・母・兄と私の4人で囲まれたテーブルのイスに座り、
うずうずしながら大好きなチョコレートケーキを待っていた。

「ホミカ〜!お誕生日おめでとうー!」

玄関から、父さんと母さんがケーキを持って登場した。
兄は精一杯拍手をして私を大いに祝ってくれた。

「ありがとうお母さん、父さん、お兄ちゃん!私とっても嬉しいよ!」

しかし、内面では申し訳なく感じている。何故なら、『私の家は貧乏だから。』
経営していた会社が倒産したのが大きな原因なの。
勿論収入もあるはずが無い。
そして、お父さんはついに借金をしてしまう。
その連鎖だけが続き、日に日に溜まっていったわ。

ケーキを買う余裕なんて無いはずなのに、母は私の事を第一に思って毎年この日を祝ってくれる。
その親の愛情と温もりで私は育てられてきた。
迷惑ばかりかけて、騒動も起こしたりしてきた私は毎日の日々を申し訳なく感じている。
まともに親孝行なんてしていない私は、本当に嫌いだった。


──いつか、今までの迷惑をお詫びして、家族の皆を幸せにしてやりたいわ。

私は、憧れのアノ人の優雅にして美しい演奏を聴いてからそう誓った。
メンテ
Re: ホミカの秘密日記♪ 新設!コメントや感想等待ってます! ( No.5 )
日時: 2015/04/04 21:58:15
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:mfTHTBdg

「ごめんねホミカ。今年もプレゼントは無いの。本当にごめんね。
 来年こそは」

「プレゼントなんていいよお母さん。大好きなケーキを毎年贈ってくれるだけで私の気持ちはお腹一杯だよ。
 皆、いつも本当にありがとう!」

私は更に申し訳なく感じて涙が溢れそうになるのをぐっと我慢して、精一杯の感謝の言葉を言った。

「ホミカ…お前って奴はなんて優しいんだ。」

兄は俯きながらそう話しかける。

「………さあさあ!話はこれぐらいにして、ホミカの誕生日を祝いまして、

≪<『「かんぱ〜い!!」』>≫

母が恒例の言葉を口にし、コップを4人合わせて乾杯と言った。


ケーキを食べ終わった私は、TVに釘付けになっている。
今日はカミツレという名の美しいジムリーダーがギターの演奏を披露してくれるらしいの。

『カミツレさん!ギターも出来るのですか!』

TV番組の司会者がカミツレさんに驚いた表情でマイクを向ける。

『そうよ。視聴者の皆さん、そして世界中の皆さんに、
 音楽の素晴らしさを知ってほしくて必死に練習しましたの。是非とも聴いてくださると嬉しいですわ。』

私は、ギターなんてどれも同じでしょと思っていた。
だけど、この人の自信に満ちた態度を見ているとついつい期待してしまう。

『え〜、それでは弾いていただきましょう。カミツレさん生演奏。
 皆さん御存知のポケモンゲーム初代BGMをメドレーにして弾きます。
 それではどうぞ!!』

私は、その弾き姿の魅了され、とりこになったわ。
カミツレさんの演奏は、普通の人とは何かが違い、感動を与える。
そして、すっかりその弾き姿に夢中になり、踊りだしてしまった。

──凄い!私もこんな人になって音楽の素晴らしさを世界中の人に知ってもらいたい!

そう、私の憧れるアノ人とは、『カミツレ』さんなの。
その演奏は、未だに心に強く残っているわ。


カミツレさんを目指して、私は、


夢に向かって走り続ける。

〜PS〜
幼女時代の私は黒髪でした!!
どう?驚いた?
髪の毛を染めたのは中学校を卒業してからよ!
                     byホミカ
メンテ
Re: ホミカの秘密日記♪ 新設!コメントや感想等待ってます! ( No.6 )
日時: 2015/04/04 22:03:12
名前: 彪ちゃん@シュペル◆M85nYvyVUrc ID:mfTHTBdg

とーじょーじんぶつ

◆一条穂美歌【いちじょうほみか】◆ 現在13歳 ♀

ジムリーダーというおっきな夢を持つギタリスト少女の主人公。愛称はホミカ。
カミツレさんのギター演奏に聞き惚れてギターを毎日練習している。
バトル中得意のギターを演奏し、バトルを盛り上げる毒タイプの使い手で、
家族や友人等に秘密で日記を記している張本人。見ると殺されるらしい。
現在はバンドを組む相手が見つからずに困っている。


◆黒戯遊都【くろぎゆうと】◆ 現在13歳 ♂

ホミカのクラスメイト。
100の声帯をもっている噂が流れているほど歌唱レベルが大きい。
不良の一味のリーダー的存在で、ガキ大将を従わせる人脈の深い人柄。
基本的にクラスに馴染もうとせず、気に入った人しか関係を持たない。


◆五十嵐恭平【いがらしきょうへい】◆ 現在12歳 ♂

アララギ博士からイッシュ図鑑の完成の手伝いを任命された男の子。愛称はエイト。
真っ直ぐで純粋な目を持つ、自由気ままなマイペースさん。
夢はイッシュ地方でチャンピオンになる事。
ちなみに、ポカブを選んだらしい。


◆春桜朝日【はるざくらめい】◆現在12歳 ♀

アララギ博士からイッシュ図鑑完成の手伝いを任命された女の子。愛称はメイ。
恭平とは幼馴染で、とても親しみがある。
基本的に、誰とでも仲良く接する、まるで天使のようなお人好し。
ちなみにツタージャを選んだ。


◆立風吹雪【たてかぜひゅう】◆現在14歳 ♂

エイトがポケモンをもらったのを見てポケモンが欲しくなった。
何かと怒っているような口調だが、泥棒という悪事を働かせる輩が大嫌いで正義がある。
青色の髪をしていて、エイトとメイのライバル。
しかし、メイに密かに思いを寄せる。
ポケモンはミジュマルを選んだ。


〜その他の更新予定キャラ〜

ベル
チェレン

アクロマ
カミツレ
アデク
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |