このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります
ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語 【キャラ募集中】
日時: 2014/09/07 20:01:49
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

どうも、僕です(お前は有名人か)#


なんか学園系の小説って、結構面白いなあ…
と思ったのがこの小説を書いたきっかけです。

僕も一応中学生なので、普段リアルで起こった日常をこの小説に書いていきたいと思います。


※話展開が逸れ易い。  
※視点がコロコロ変わる。(基本的には御三家とピカチュウです)
※技は使わない。 (リアルの人間をポケモンに変えた感じです)

それでも見たいという心優しい方は下へどうぞ









軽い気持ちで投稿したのですが,参照200!有難う御座います!!
メンテ
Page: 1 | 2 | 全て表示 |
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.5 )
日時: 2014/09/07 20:48:52
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

マジだ…すいません。ネタを横取りした感じで…

でも、ストーリーはかぶらないようにしていきたいので、許して下さい…!
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.6 )
日時: 2014/09/07 20:50:38
名前: バスタード◆b7pxAf3Esk6 ID:HBJm.r06

自分、オケアノ、カルロス、シェル
「「「「Oh・・・」」」」

自分「・・・って、何故お前らが此処にィーーーッ!?」
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.7 )
日時: 2014/09/07 20:56:13
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

そんなに謝らなくてもいいですよ。たまたまですから。
タマタマ「誰か呼んだ?」
ナッシー「気のせいだろ。」
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.8 )
日時: 2014/09/08 17:22:10
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

マイナスからのスタートになりました。てへp(殴


「「「おはようございます!!」」」

今日も(二日目だけど…)この挨拶が響く。


キーン…コーン…カーン…コーン…

------ここは1年3組。主な御三家は[ヒノアラシ]、[キモリ]、[ポカブ]、[ケロマツ]だ。


一時間目、社会の授業。

キモリ「どうせ教科書配布だろ」
メリープ「だろうね〜。社会は教科書ノート以外に地図帳とかも配られるし…」

デンリュウ「はい。私が一年の社会を担当することになったデンリュウです!」

----私と言うが、男性だ。礼儀正しい。

ヒノアラシ(優しそう…)
ポカブ「俺小学校のとき社会の最高得点62点なんだよなあ…」
ヒノアラシ「それはやばい」


-------1年6組。主な御三家は[ミジュマル]、[ハリマロン]、[フシギダネ]、[アチャモ]+[ピカチュウ]だ。


二時間目、国語

ツボツボ「…自己紹介終わったな。教科書配るぞ〜」

ピカチュウ「国語らしい人が来たな」
エモンガ「チョーク持つの楽そう」
ミジュマル「そこ!?」
ツボツボ「そこ。五月蠅いぞ」
ハリマロン「ププッww怒られてやんのww」
ツボツボ「ハリマロンにやけるな」
ハリマロン「」




体育の先生は大体予想できてると思います。

次回は給食です。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.9 )
日時: 2014/09/09 19:46:32
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

キーン…コーン…カーン…コーン…

-----1年4組。主な御三家は[チコリータ]、[ミズゴロウ]、[ヒトカゲ]、[フォッコ]だ。


ヒトカゲ「いよっしゃあああ給食ぅ!!」
ミズゴロウ「あーあ、僕今週当番だ…」
チコリータ「私も…」
ジグザグマ「え〜と、今日の給食は…」

【讃岐うどん】【野菜サラダ】【牛乳】【箸】

フォッコ「箸は書く必要無いでしょ」


数十分後…


「「「「おかわり!!!」」」」

------4人ともうどんのおかわりだ。


「「「「じゃーんけーん」」」」

チコリータ「誰になるのかなぁ」

「「「「ポオオオォォォオオオオン!!!!」」」」


ヒトカゲ「よっしゃああああ俺の勝ちだああ!!」
ミズゴロウ「あーあ…今日運悪いなあ…」




次回は部活編。


Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.10 )
日時: 2014/09/10 19:48:46
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

「気をつけ!礼!」
「「「「さよなら!!」」」」

ザワザワザワ…

「そういえば今日部活の見学日だよな?」
「そうだぜ。ポケ中はスポーツ系の部活みんな強いしなあ」
「野球、サッカー、バスケ、バレー…最近ハンド部も強いぜ」
「何処行こうかなあ…」


ピカチュウ「お前何処行くんだ?」
ハリマロン「ん?ああ、俺はサッカー部だ。小学校から続けているしな。お前は?」
ピカチュウ「俺は野球部だ。お前と同じで、小学校から続けているんだ」
ミジュマル「お〜い!!」
ハリマロン「お、ミジュマルと…ヒトカゲだ」
ピカチュウ「お前らどこ行く?」
ミジュマル「俺はハンド部」
ヒトカゲ「俺はバスケ部だ」
ピカチュウ「ふ〜ん。じゃ、ハリマロンは外で会うかもな」


ザワザワザワ…



〜野球部〜

パキィン…

ガッ

「あっ」

ヌマクロー「おいおい!新入生が居んのに何だ今のミスは!?」
ライチュウ「う、うるせえ!!緊張してんだよ!!」
アリゲイツ「つーかトンネル。お前グラウンド一周走って来い」
ライチュウ「ギエ〜〜〜…」

ピカチュウ「…意外と楽しそうだなあ。県内でも強豪に入るから鬼練習と思ってた」



〜サッカー部〜

ザザッザッザッザザザッ…

ピーーー!!

ジュプトル「あ〜、また失敗…」
ルカリオ「7秒以内に3人で得点入れろって結構キツイぞ…」


ワァァァ…

サンドパン「あっ向こう側入れたぞ!」
ジュプトル「嘘ォ!?あいつらまだ3回目だろ!?」





僕の中学校で起こっている部活の風景を書いてみました。実際こんな練習やってます。

次…未定
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.11 )
日時: 2014/09/14 20:21:53
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

-------1年2組。主な御三家は[ワニノコ]、[ゼニガメ]、[ケロマツ]、[ポッチャマ]、[ヒコザル]だ。なんかヒコザルが可哀そう。


ワニノコ「次は…数学か…。俺計算苦手なんだよなあ…」
ポッチャマ「そんなことないよ。中学からは文字から教わるから、そこから覚えていけば…」
モココ「出たー。算盤習ってた奴が『俺は中学なっても大丈夫だぜ』的な発言ー」
ポッチャマ「何だその不遜極まる言い草…(つーか今の言葉文脈おかしくないか?)」

サーナイト「はーい。じゃ、この式を、正しく表してください」
ワニノコ「(−1)×x×P…うぎゃああああぁぁ」
ケロマツ「いや、これは俺でも解けるぞ?」
サーナイト「おっ?じゃ、ケロマツさん。解いてみてください」
ケロマツ「あっ、俺か。緊張するなぁ…」

カッカッカカッカッ…

サーナイト「−Px…正解!」

「「「おぉ〜〜〜!!」」」


ヒコザル「ヒュゥ〜〜〜〜!!」
ケロマツ「」
ワニノコ「いや、何で今無言になった?」
ケロマツ「いや…別に」


学園系だとサーナイト=先生 主流な気がする。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.12 )
日時: 2014/09/15 17:50:12
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

パコォン…パコォン…


-------ここはテニス部の練習場所。体育館のすぐ隣にある。


ワカシャモ「エア・○イッ!!!」

ポスッ☆

オオタチ「ププッwwwファールwww」
ワカシャモ「跳びながら打つの結構難しいぞ」
パンプジン「それじゃ、オオタチマッチポイントね」

パコォン…パコォン…パコォン…パコォン…

ワカシャモ「今度こそ!!エ○・ケイ!!!」

コン♪

ワカシャモ「ああーーーー!!鉄柱当たったーーー!!」
オオタチ「ドンマイ☆」
パンプジン「ばかだろコイツ」

Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.13 )
日時: 2014/09/18 20:15:25
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

-----1年1組。主な御三家は[ツタージャ]、[ナエトル]だ。御三家は少ないが、クラスの人数は学年で一番多いらしい。


------今は数学の授業。ドリルを只管書きまくっている。


ナエトル「ツタ〜ジャ〜、今何ページぐらい終わった〜?」
ツタージャ「ん?私は14ページぐらい…」
ガーディ「うへぇ〜…俺まだ3ページしか終わってない…」
カチコール「これって明後日提出でしょ?頑張らないと…」


サラサラサラサラサラ…


ホルビー「ねぇナエトル」
ナエトル「ん?」
ホルビー「大喜利しようぜ」
ニャスパー「唐突だな」
ガーディ「お題は?」


ホルビー「[ちょっと落ち込む言葉]をどうぞ」


ガーディ「はいはい」
ホルビー「どうぞ」


ガーディ「[給食のにんじん。いつもよりでかいらしいぜ]」


ニャスパー「確かに落ち込む…」
ホルビー「俺は大丈夫だ」
ガーディ「お前はな」

ホルビー「じゃあ次。[眠り姫にキスしましたが、起きません。対処法を教えてください」

ツタージャ「何て言えばいいか、さっぱりわからない」


ガーディ「俺行くぜ。[別の場所にキスしろ]」


ホルビー「それで解決するのか?」
ニャスパー「はい、俺。」
ホルビー「どうぞ」


ニャスパー「[取り扱い説明書の79ページをご覧ください]」


ホルビー「wwwww」
ガーディ「それな」






笑ってくれた人に、多大な感謝を送ります。

あと、僕は大喜利が大好きなので、大喜利編が増えると思います。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.14 )
日時: 2014/09/19 19:53:38
名前: ソラ◆pYp9ZGInBgw ID:iswJ2X8I

次の大喜利も楽しみです!ガーディのノリが最高です!
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.15 )
日時: 2014/09/20 15:26:24
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

ニャスパー「[取り扱い説明書の79ページをご覧ください]」
コーヒー飲んでたのを吹いてしまいましたwwwww
次回も楽しみにしてます。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.16 )
日時: 2014/09/20 17:31:06
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2


-------1年6組。只今、社会の時間。

デンリュウ「じゃ、アンデス山脈南の右にある平原。これを何と言いましたか?」

ハリマロン「パン○ース」
ピカチュウ「笑い取ろうとしてるのバレバレなんだよ。パンパだろ」
ミジュマル「女子席から悲鳴が聞こえるぞ」
ヤンチャム「お前暫くモテないな」

デンリュウ「…ピカチュウ正解。では、そこでは何が行われていますか」
ハリマロン「放牧」
デンリュウ「正解。では次の…時間が無いから、まあいいか」
マーイーカ「呼んだか?」
ピカチュウ「そのパターンやめろ」




キーン…コーン…カーン…コーン…


ピカチュウ「気をつけ!礼!!」
「「「「「有難う御座いました!!」」」」



フシギダネ「さ〜て、次はたいいいいいいいくううううううう!!!!!」
ハリマロン「黙れ」
アチャモ「フシギダネはできないでしょ。(四足)」
ピカチュウ「アチャモもできないでしょ。(無手)」





短め。次は体育です。

大喜利のお題、募集します。(いつか出す予定)



Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.17 )
日時: 2014/09/20 17:49:28
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

・皆でポテチを食べることになりました。カイリキーが袋を破ろうとします。
さてこの後どうなったでしょう。
・カビゴンがトラックにぶつかりました。どうなったでしょう。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.18 )
日時: 2014/09/20 18:18:35
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

ピカチュウ「おい。投稿後18分でお題来たぞ」
ガーディ「うそぉ!?俺まだ準備してな…」
ヒコザル「早く言えよ」


ハリマロン「では、[皆でポテチを食べることになりました。カイリキーが袋を破ろうとします。さてこの後どうなったでしょう。]」


ガーディ「カイリキー[いつ破るの!?]皆[今でしょぉぉぉ!!]」


ピカチュウ「…」
ガーディ「すいませんでした」


ニャスパー「皆見てろ、この間の答えが好評だった俺が答えてやる」


ハリマロン「どうぞ」



ニャスパー「[今日の掃除は4時間かかったそうです。Byハクリュー]」


ゼニガメ「ハクリューがその場に居たと」
ホルビー「どこか笑えない」




ハリマロン「じゃあ次。[カビゴンがトラックにぶつかりました。どうなったでしょう]」



ピカチュウ「想像できるんだけど、面白くするのは、難しいなあ」
ホルビー「わかるぅ。(棒)」
ミジュマル「はいはい」
ハリマロン「じゃ、どうぞ」



ミジュマル「[おいおい!お前ら台本見たのかよ!?もっと派手にぶつかれ!!やり直し!!」



ホルビー「監督厳しーーーっ!!」
ガーディ「何の映画撮影してるんだよ」
ミジュマル「今でしょぉぉぉ!!」
ガーディ「思い出させないでくれ」






ピカチュウ「返答はこれだけになります。今日は投稿主は調子が悪いようなので、許してください」
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.19 )
日時: 2014/09/21 12:49:44
名前: ソラ◆pYp9ZGInBgw ID:iswJ2X8I

・相撲をすることになりました。ハピナス対ヤミラミになりました。どうなったでしょう。
チルタリスの綿にエルフーンが突っ込んできました。どうなったでしょう
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.20 )
日時: 2014/09/21 14:11:53
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

主「や、やばい。投稿ペースが…」
ピカチュウ「がんばれ。大喜利は俺たちが答えておくからさ」


ミジュマル「…というわけで、今日も6組と1組のメンバーで大喜利に答えるよぉー!」

ハリマロン「では1つ目。相撲をすることになりました。ハピナス対ヤミラミになりました。どうなったでしょう」
ヒコザル「相撲という言葉がカギになりそうだな」
ニャスパー「はいはい」
ハリマロン「どうぞ」


ニャスパー「審判のハリテヤマの勝ち!」


ナエトル「ハリテヤマの(のこったのこった!)の時の手が2人をぶっ飛ばしたというわけか」
ニャスパー「YES」
ツタージャ「笑えないなぁ」


フシギダネ「次ね。チルタリスの綿にエルフーンが突っ込んできました。どうなったでしょう」


ガーディ「俺が行くでゴンス!!!ゴンス!!ゴンス!ゴンス…」
アチャモ「うるさい」
ハリマロン「どうぞ」


ガーディ「ニ○リの新作枕、税込み価格1980円!!!」


ピカチュウ「売るなよ」
ミジュマル「何故ブースターを加えなかった」
ホルビー「暖かそうだな」
フシギダネ「どうでもいいだろ」





主「そろそろ話を再開しないと…」
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.21 )
日時: 2014/09/21 17:46:36
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

------1年6組。体育で、運動場にいる。因みにクソ広い。部活では野球とサッカーが同じ運動場を使って練習するほど。(リアルでも)



ゴーリキー「では、俺が体育の教師を務めることになったゴーリキーだ!」
ピカチュウ「よろしくお願いします!」

「「「「「お願いします!!」」」」」


ピカチュウ「前ならえ!お座り!!」

「「「「「失礼します!!」」」」」ザザッ

------犬か。因みに僕の中学校では、(前ならえ!着席!)で座る。


ゴーリキー「では、今日は陸上だ。4つの種目を日替わりでやる」

------そう言って張り出された紙を皆一斉に見始める。競技は…


【短距離】【ハードル】【走り高跳び】【走り幅跳び】  おお、四足無手に優しい。



数分後…



ピカチュウ「で、俺たちは短距離か」
フシギダネ「陸上の代名詞」
タマザラシ「俺走るの速いぜ」
ハリマロン「転がるんだろ」
タマザラシ「逆に俺が二足で走ってるすがたを想像しろ」



ゴーリキー「ピーーーーー!!!(ホイッスル)」



ダダダッ…



ヤジロン「くそっ、タマザラシ速い」
タマザラシ「へへーんだ!!

ハリマロン(走りも転がれもしない奴を見つけた…)


------走り高跳び。


カブルモ「ベリーロール!!!」


ガシャン。ボフッ☆


サボネア「はい失敗。無茶があるぜ」
カブルモ「意外と難しいんだぞ!」

------名前が正しいかは別として、ベリーロールは頭から跳び越える跳び方。イルカジャンプを想像したらわかりやすい。

------因みにリアルで俺の同級生で、ベリーロールを失敗して、立っている棒を折った奴が居る。





ゴーリキー「ピピーーーーー!!(ホウィッスル)集まれー!」


ザザザザザザザザ…


ゴーリキー「¶ЖЙ∬-----明日も頑張りましょう!」

ピカチュウ「起立!!」

ザザッ!

ピカチュウ「以下略!!」

「「「「「有難う御座いました!!」」」」」





ザワザワ…


ミジュ○「次は給食だな」
針マロン「今日はあんまり美味しくないなぁ…」
アチャモ「そうそう。今日はピーマンが沢山出るらしいよ?」
イーブイ「えぇ!!私ピーマン超苦手…」
ラルトス「私も…」



次は給食。いつもとちょっぴり変わった給食です。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.22 )
日時: 2014/09/23 18:33:14
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

給食。いつもとちょっぴり変わったとは言ったものの、ごく普通の展開。


ピカチュウ「いただきます」
「「「「「いただきます…」」」」」

-------何でこんなに元気がないのかというと、給食にはピーマンがふんだんに使われているからだ。


ミジュマル「はぁ〜あ。優しくないなぁこの給食…」
ハリマロン「あれ?ピカチュウ。お前普通に食べてるな」
ピカチュウ「ん?ああ、俺はピーマン兵器なんだ」
フシギダネ「何だよピーマン兵器って。とりあえず食えるみたいだから俺の食べてくれ」
ミジュマル「俺のも」
アチャモ「私のも」
ピカチュウ「ちょっちょ!!やめろ!!」

イーブイ「…はぁ…」
エモンガ「ん?どうしたの?イーブイ」
イーブイ「やっぱ無理。ピーマン」
エモンガ「ピカチュウにあげてこれば?」
イーブイ「えっ!い、いや、それは…///」
エモンガ(あれ?イーブイちょっと顔が赤い?)



ピカチュウ「御馳走様でした!!…げふっ」
「「「「「御馳走様でした」」」」」





なんかギャグ展開が無くてすいません
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.23 )
日時: 2014/09/25 14:26:21
名前: ソラ◆pYp9ZGInBgw ID:iswJ2X8I

質問なのですが、もしかして交流掲示板の大喜利って受付終了しましたか?
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.24 )
日時: 2014/09/25 19:41:53
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

ロックしました。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.25 )
日時: 2014/09/26 20:56:58
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

バスタードさん達に負けねえぞぉぉぉぉ


-------社会。問題集を書いています。


サラサラサラサラ…


イーブイ「う〜ん…」
ピカチュウ「ん?どうした?」
イーブイ「あっ!?い、いいいや、ここがわわ、解らなくて…///」
エモンガ(イーブイ?これはまさか!?)
ピカチュウ「これか?ああ、ここは----だ」
イーブイ「ああ、有難う御座いますすす」
ピカチュウ「同級生に敬語使わなくていいよ。どういたしまして」



--------休み時間。


イーブイ「さ〜て、他の教室に遊びに行こう」
エモンガ「イーブイッ!!」
イーブイ「わわっ!?…びっくりしたぁ〜」
エモンガ「頑張ってね♪」

タッタッタッ…

イーブイ「…?」
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.26 )
日時: 2014/09/27 18:18:55
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

ザワザワザワ…



------何故こんなにどよめいているのかというと、皆は朝貼られたポスターを見ていた。



ワニノコ「初耳〜」
ピカチュウ「イェ〜イ!!」


------そのポスターには


『5/20 校内陸上開催』


------と書かれていた。それから…



サーナイト(1年3組担任)「じゃ、これから種目決めをしたいと思います」
ヒノアラシ「短距離はキモリで確定だね」
キモリ「俺?」
エイパム「そうだよ。50メートル走7、1秒だったじゃんか」
キモリ「ま、まあ…」

ミミロル「短距離決定しましたー」
サーナイト「はい。じゃ、他に」

ヒノアラシ「短距離ときたら長距離」
キモリ「ケロマツ頼むよ」
ケロマツ「僕?」
エイパム「1500m走1位だったじゃん」
ケロマツ「それならいいけど…」

ミミロル(級長)「長距離も決定しました」
サーナイト「はーい」



------ここ一週間の学級活動の時間は、この話が続いた…
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.27 )
日時: 2014/09/29 20:42:48
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

ピカチュウ「あ〜…最近だりぃ」
ゼニガメ「何で?」
エレキッド「だるい気持ちわかる。最近部活大会近いし、テスト勉強もしないとな…」


------エレキッドの言うとおり、2週間後、学校全体のテストが行われ、1週間後には、どの部活も大会を控えているのだ。


帰りの会終了…


ラグラージ(1年6組担任)「まあ、勉強と部活の両立は大変ですが、頑張ってください」
ピカチュウ「起立。気を付け。礼」
「「「「「さようなら!」」」」」


ミジュマル「さ〜て、今日もハンド頑張ろっ」
ピカチュウ「俺は野球だ。1年生大会も近いからな」
エレキッド「へっ、エースでキャプテンは大変だなぁ」
ピカチュウ「4番は黙れ」



ザッ…シュッ


ピカチュウ「ダメだ。昨日曲がったカットが曲がらん」
ヌマクロー「今度やる学校『妖怪中』だろ?」
マクノシタ(捕手)「そうっすよ。1、4,5番の打者を抑えればいけると思いますけど…」
ピカチュウ「だから芯外すためのカットを練習してるんだよ」




中途半端ですが、これで終わります。
Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語  ( No.28 )
日時: 2014/10/04 20:27:09
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

テスト勉強編。+大喜利編…大喜利回は大体1組が登場します



ガーディ「ああ〜…」
ホルビー「アーッ♂」
ガーディ「黙れ」
ツタージャ「…?」
ニャスパー「女子は解らなくていいよ」


--------今は数学。先生が黒板に置手紙で[ドリルをやってください]とある。因みに教壇の机にカメラが取り付けられている。


ナエトル「この前スマホでツ○ッターしてたんだよ」
ガーディ「うん」
ナエトル「そしたらさ、明らかに80代ぐらいの書き込みをしてる奴がいたんだよ」(お題)
ホルビー「なんて書いてた?」

ナエトル「ゐゐね」

ガーディ「わかる」
穂留微ー「お題それだな?俺が行くぜ」
ニャスパー「いつからそのノリになった」
歩瑠尾ー「明日から」
ニャスパー「」
ナエトル「…どうぞ」

ホルビー「入金中なう」

ガーディ「なう。という言葉を使ったっていうことで−20点」
補流備〜「クソオオオオ!!!」
ツタージャ「五月蠅いわよ。一応言っとくけどカメラ撮ってるんだからね?」


その場に居た奴「…(唖然)」





ホルビーの扱い乙。




Re: ポケモン学園   御三家とその他諸々の物語 【キャラ募集中】 ( No.29 )
日時: 2014/12/17 19:29:41
名前: ドラゴン魔◆JnggxhB/yWI ID:l249g7O2

ピカチュウ「ああ〜…難しい…」


ーーーーーーーー今は国語の授業。「俳句」ではなく、「短歌」を作るのが今日の授業だ。



ピカチュウ「5・7・5 なら簡単だけど5・7・5・7・7 は難しすぎだろ…」
イーブイ「わかる〜…小学校のころは俳句だったから簡単なのに…」
ミジュマル「短歌?俺は短歌を作るコツを知ってるぜ?」
ピカチュウ「マジで?」
ミジュマル「マジだ」
イーブイ(嫌な予感が…)
ミジュマル「短歌を作るコツその1!!」
ピカチュウ「ぉお!?」
ミジュマル「まずは普通に5・7・5の俳句を作る!」
ピカチュウ「夏休み とても美味しい カキ氷」
ミジュマル「その2!!ここが短歌を作る最大のポイント!!」
ピカチュウ「ぉぉお!?」

ミジュマル「その俳句の後ろに『そして輝く ウルトラソウル!!』を付け足す野田!!」
ピカチュウ「『夏休み とても美味しい カキ氷 そして輝く ウルトラソウル!!』…おお!!先生の口から満
点の4文字が出てきそうだぜ!!」
イーブイ(えぇ〜…それでいったらダメでしょ。)

ピカチュウ「ありがとミジュマル!早速提出してくるぜ!」
ミジュマル「幸運を祈る!」




ーーーーーーーーその翌日の国語、ピカチュウに告げられた得点は10点満点中2点だった。めでたしめでたし。
Page: 1 | 2 | 全て表示 |

| ポケモン王国 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |